2月10日に父が他界し、両方の親を亡くした今、私は、与えられた人生を精一杯生きるためには?と自問自答する日々を送っています。

そして、時間マネージメントの本、オーディオブックなどを、読みあさり、「手に入れたいものにフォーカスする」ことの重要性に気付きました。

人間は感情の生き物ですから、ふいに何かが起こる度にフォーカスが変わり、本当に手に入れたいものがドンドンと遠のいていきます。

また、それが漠然となっている限り、いつまで経っても夢はかないません。

今日は、アンソニー・ロビンズの、Awaken the Giant within: How to Take Immediate Control of Your Mental, Emotional, Physical and Financial Life、そして、ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法からヒントを得て、「達成リスト」を作成してみました。

両者ともに、リストを達成するためには、小分けにして、小さな目標(ベイビーステップ)を、一つ、一つクリアしなくてはならない、と力説されています。

私にとって、先日、ご覧いただいた、(初!)英語インタビュー、『バレエレッスンの違い アメリカ VS 日本』は、その一つとなりました。

正直、お恥ずかしい!と思いつつも、これは、「自分を越える挑戦」であり、日本とアメリカの違いをご紹介出来たことは、「ベイビーステップの第一歩」となったのです。

この、「達成リスト」の作り方は、また後日、お伝えしたいと思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今日は、英語インタビュー第二弾!

お相手は、日本の伝統芸能、「能」に詳しい、ケンさん(ケネス.E・ローレンス)。

奥様のローレンス・久美子さんにも、ご協力していただきました。

12891725 1295007833846558 6689006024333102707 o

それでは、動画をご覧下さい。 

多才なケンさんは、久美子さんと、下記の3サイトで活動の様子を発信中!

 

Home – lawrencecreativenw

Home – lawrencelanguageinstitute

Home – Website of sojukai!

 

 

 

 更に、2本目の動画では、日本語で詳しく解説させて頂きました。 

 

↑登録(Youtubeボタンをクリック!)されますと、最新情報をお届けします☆

ケンさん著作のペンタゴン式 諜報員の英会話習得術 短期間で語学の達人になれる理由 (講談社パワー・イングリッシュ)は、下記の内容となっています。

アメリカ国防総省が誇る「世界最高の語学教育機関」のメソッドを日本人向けに再構築。Defense Language Institute(DLI)の教育プログラムの中で唯一存在しないのが「英語」。これをDLIメソッドにインスパイアされた独自のプログラムとして再構築し、提供するのが本書です。「音」に重点を置き、聞き取る力と伝える力を飛躍的に伸ばします。 引用元:Amazon Japan

ケンさんは、地元(シアトル)の大学で、IESLのクラスを担当、そして、IT企業などで、英語の発音に特化したグループレッスンもされています。

2016年に開講された、オリジナルの英語レッスン。

ご興味のある方は、どうぞコチラをご覧下さいね。

 

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

↓ブログ更新時にお知らせします!追加して下さいね♡
Friends Added

 

↓押して下さるとウレシイです!

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へにほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへにほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ